HOME > Zhang Jia Bei

張加貝

Zhang Jia Bei 映画監督

c_zhang_l.jpg生年月日 1957年7月25日
出身地  中国 上海

映画監督。北京第二外国語大学卒業後、中国映画人協会に所属し多くの映画現場に助監督として参加し学ぶ。その傍ら日本映画のシナリオと監督の研究にも取り組み何冊かの本を翻訳出版した。1990年日本映画学校へ留学、のちに研究員として川喜多記念映画文化財団に入り、映画の研究を続ける傍らシナリオを書いたり、助監督として日本の映画やテレビドラマの現場に参加した。1997年ドキュメンタリーの監督としてデビュー、1998年中国CCTVの連続テレビドラマを監督、2002年にはNHKのドキュメンタリー「張 芸謀の世界」でNHK衛星ハイビジョン局長賞を受賞した。



最新情報

主な作品

映画
2003年
「歌舞伎町案内人」で映画監督デビュー。 この作品は15年前に来日以来、ガイドとして歌舞伎町を見続けてきた李小牧さんの同名自伝的ノンフィクション(角川書店)を原作として、多くの人々の思いが交錯する街で生き抜く男の姿を描いた作品。出演はチューヤン・山本太郎・酒井真紀・ガッツ・石松・舞の海

2006年
「陶器人形」 この作品は中国映画には珍しいミステリー・ホラー作品。中国社会も格差が日毎拡大し市民社会は物欲が溢れた残酷な世界と化し、純朴な友情も風と共に消えようとしている。本作は恐怖の裏側で、そうした中国の現状をも照射する。中国500館で公開。キャストは初の中国映画主演の伊藤 歩・ローレンス・ウォン・苗圃。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の招待作品に選ばれた。

2008年
「さくらんぼ 母ときた道」 脚本「初恋のきた道」(監督:張 芸謀)の鮑十。この作品は、「母と娘」の困難な愛を描いた作品。舞台は中国南方の高地で、棚田が広がり美しく幻想的な景観の雲南省・元陽に、優しい二胡が響き渡る。主演女優は前作にも出演した苗圃。中国で映画やテ レビに数多く出演し、現在期待される演技派の一人。第17回永楽杯・上海映画批評家大賞 07年度中国映画ベスト/最優秀主演女優賞

2009年
「夢の壁」 日中合作映画この作品は、1945年終戦前後、北京で過した日本人少女と戦争で母親をなくした中国人少年の心の交流を描いた、芥川賞受賞作「夢の壁」(作:加藤幸子)の映画化。公開準備中。

2011年
「天上の風」 チンギス・ハーンの時代に遡り今日に至る800年の永き間、世の移り変わりを見守り、絶えることなく人々を励ましてきた歌「天上の風」をモチーフに、2つのありふれた切欠から物語りが始まる。心に傷を負い沖縄からモンゴル草原へ母親探しに向かう日本人女性、北京での事業の挫折から故郷モンゴルに向かう中国人青年、世代も生まれた地も異なる2人が巡り合い、それぞれの想いを胸にしまい込み幾つもの町や人々との出会いの中で、迷い、彷徨いながら旅を続けそして・・・。2011年沖縄ロケ、モンゴルロケ。
テレビドラマ
「人生、悔いはない」CCTV/四川テレビ合作
「青春証明」連続ドラマ 全20話 CCTV 中国全土放送
ドキュメンタリー
「北京の路上天使」 Perfec TV/東京ビデオセンター
「張 芸謀の世界」 02年NHK 02年NHK衛星ハイビジョン局長賞受賞
参加作品
NHK「大地の子」
日本テレビ「西遊記」
松竹映画「ラブレター」
柳町光男監督作品「愛について、東京」
著書
「現代映画芸術」(翻訳/中国映画出版社)
「大島渚の世界」(翻訳/中国映画出版社)
「映画をつくる」(監修/中国映画出版社)